本文へスキップ

パイロットや航空関連の業務に就くための情報サイト

パイロット

パイロットを目指す

パイロットになりたいHEADLINE

航空工場整備士


整備から耐空証明の適合までを確認

■仕事内容

耐空証明の基準で整備・改造 
航空機を整備または改造し、その航空機が耐空証明の基準に適合することを確認する。
 
航空工場整備士の業務の種類は、細かく専門的分野に分類されていて、機体構造、機体装備品、ピストン発動機、タービン発動機、プロペラ、計器、電気装備品、無線通信機器の9分野がある。


■取得方法

2年以上の整備・改造経験が必要 
学科に合格後、実地を受ける。


■詳細情報
受験資格: 18歳以上で業務(9分野の1つ)について2年以上の整備および改造の経験を有する者
試験科目: 学科=(1)飛行、航空力学の理論、航空機の取扱と知識、(2)整備および改造の知識、(3)国内航空法規 
実地=種別に機体、各部品、機器、装備品の取扱、整備、改造および検査方法
試験日: 3月、8月 ※詳細は官報で公示する。
試験地: 東京、大阪
受験料: 学科=5,600円、実地=39,800円
合格率: 約30%


■問い合わせ先
国土交通省 航空局技術部乗員課検定係
住所:〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL:03-5253-8111





パイロットの資格