本文へスキップ

パイロットや航空関連の業務に就くための情報サイト

パイロット

パイロットを目指す

パイロットになりたいHEADLINE

事業用操縦士(回転翼航空機)


取材用などのヘリコプターを操縦する

■仕事内容

取材、農薬散布、航空写真など 
取材用ヘリコプターや、農薬散布、航空写真の撮影などでヘリコプターが使用される。これらの操縦を担うのが事業用操縦士(回転翼航空機)で、現在、有資格者は約4,000人ほど。
 
なお、事業用操縦士(飛行機・回転翼航空機とも)は、計器飛行方式による飛行を行うときには計器飛行証明の携帯義務がある。また、事業用操縦士が航空機の操縦に当たるときには、航空身体検査証明が必要で、有効期間は1年間。


■取得方法

総飛行150時間以上が必要 
試験は学科試験と実地試験からなり、学科に合格しなければ実地は受けられない。受験できる年齢はどちらも18歳以上で、総飛行時間150時間以上が条件となっている。


■詳細情報
受験資格: 18歳以上で、以下を含む総飛行時間150時間以上。(1)35時間以上の機長としての飛行、(2)出発地点から300km以上の飛行で、中間において2回以上の生地着陸をするものを含む10時間以上の機長としての野外飛行、(3)機長としての5回以上の離陸および着陸を含む5時間以上の夜間の飛行、(4)10時間以上の計器飛行、(5)オートロテイションによる着陸
試験科目: 学科= 航空工学、航空気象、空中航法、航空通信(概要)、航空法規
実地=運航知識、飛行前作業、飛行場と場周経路運航、各種離陸・着陸から着陸復行・離陸中止、基本的な計器飛行、野外飛行、緊急時の操作など
申込期間: 官報および航空局ホームページで公表
試験日: 学科=5月、7月、9月、11月、1月、3月(種別により実施時期・回数が異なる) 
実地=毎月(個別に実施)
試験地: 千歳、岩沼、東京、名古屋、大阪、 福岡、宮崎、那覇(時期により異なる)
受験料: 学科=5,600円 実地=58,500円
合格率: 約30%


■問い合わせ先
国土交通省 航空局技術部乗員課検定係
住所:〒100-0013 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL:03-5253-8111




パイロットの資格